群馬県の世界遺産

群馬県には「富岡製糸場と絹産業遺産群(田島弥平旧宅、高山社跡、荒船風穴)」という世界遺産があります。
2014年、多くの人々の尽力の結果もあり、世界の絹産業の発展に大きく貢献した施設として世界文化遺産に登録されました。

富岡製糸場

富岡製糸場は明治5年(1872年)に建造され、高品質の絹糸の大量生産を可能にした工場であり、それによって絹産業が著しく発展しました。

このことに対して、その類まれなる功績が評価され2014年世界文化遺産に認められました。
群馬県は古くから養蚕業が盛んでした。

そこに明治政府の政策として、フランスの絹精製の技術が導入され1920年代には世界一の生糸の輸出国となることができました。
この生糸は非常に質が良いものでありながら、オートメーション化で効率よい手法で作られたため安価にすることができ我が国の経済発展に大きく貢献しました。

また、木造の柱と梁の軸を組み立て、柱の間に煉瓦を積んで壁としたこの製糸場の構造は「木骨煉瓦造(もっこつれんがぞう)」と呼ばれ、西洋で作られる煉瓦造りの建物とは違う造り方です。

柱と梁で建物を構成するのは日本の建築物の特徴、そこに西洋の煉瓦造りが加わった和洋折衷の珍しい建物に対しても評価がなされています。

田島弥平旧宅、高山社跡、荒船風穴

田島弥平旧宅
養蚕、つまり蚕を飼うのは古くから自宅やその別棟の2階などで行われており、工場ではなく普通の住宅に蚕が居ました。
田島弥平は、そういった近代養蚕農家の中で「清涼育(せいりょういく)」という蚕の飼い方を実践した人で、その清涼育のための設備が残っています。

蚕の餌である桑のための桑場や種蔵なども現存してみることができます。

高山社跡
近代養蚕飼育法である「清温育(せいおんいく)」を普及するため、明治17年に「高山社」が設立されました。
母家兼蚕室、桑貯蔵庫などが当時のまま残っています。
また、江戸時代末期から明治時代前半に建てられた長屋門も一見の価値ありです。

荒船風穴
岩の間から吹き出す冷風があり、これが天然の冷蔵庫の役割をして蚕の卵である蚕種(さんしゅ)を保存することができました。
このおかげで、年1回しかできなかった養蚕を、複数回行うことができるようになり生糸の大量生産を更に可能にすることができたのです。

まとめ

富岡製糸場が世界遺産へ登録されるまでには、多くの年月と尽力がありました。

それでも、その効果あり世界遺産へ登録されてからは観光客も優位に増え、群馬県で必須の観光名所となっています。
どの世界遺産でも言えることですが、何も知らずに見学すればただの工場跡の様ですが、それぞれの建物や場所の意味を知って見学すれば非常に意味深く見えてきます。

世界遺産に登録されることで富岡製糸場がそのような見方をされるようになったことは、ここで働いた名も無い工女の方たちをも祝福することになったのではないでしょうか。

群馬県おすすめ情報